トップ> BBeeホームセキュリティへの質問と運用例>

無線式フラッシュライト(無線式フラッシュブザー)の確認用小型LED表示がオンオフリモコン操作に反応しません。


無線式フラッシュライトの表示がリモコンをいくら操作しても点灯したままです。 また、無線式フラッシュライトの電源を抜いて最大1日放置しておいてから、無線式フラッシュライトの 電源をコンセントに挿しても最初からと点灯したままとなっています。

以前から無線フラッシュライトの動作確認ランプの反応が悪いこと についてですが、以下のような状況です。 リモコンは間隔を開けて操作しています。 また、電話通報も行われていない状態です。
傾向としては雨の日や湿度が高い日に全く反応しなくなることが多いです。 天気が良く湿度が低い日には問題無く使えることが多いです。
BBee本体の方は正常に動作しています。

---------------------------------------------------------------

おそらく、通報機からの無線電波がフラッシュライトまで 届くか届かないかの限界の位置関係にあるのだと思われます。

通報機からランプには、
警戒モードへ移行
解除モードへ移行
の2種類の電波が送られます。

フラッシュランプは、 電源を切って、その後に再度電源を復旧させると、 電源を切られたときの状態をそのまま維持して立ち上がりますので、 LEDが点灯したままという現象は 通報機から、解除モードへ移行、という電波を 受信できていないためと思われます。


ご指摘のとおりですが、雨の降っている時などは電波を吸収される事が希に発生しますので 天気のいい日よりも若干感度が悪くなる可能性があります。

このため、警戒モードへの移行電波は受信できていますので、 電波が届くかどうかのギリギリの位置関係になっているのかもしれません。
※中継機を入れるとたぶん解決すると思います。


既にお試しいただいていると存じますが、 再度以下のような点で フラッシュランプの設置位置のご確認をお願いできませんでしょうか?

1.フラッシュランプの取付場所が金属の場合、 木材やプラスチックの台座などを敷いて 金属に直接接着しないようにしてみてください。
2.フラッシュランプは縦方向に設置してください。 電源ケーブルのでている面が下向きになります。

3.フラッシュランプは屋外かと思いますが、 もしランプや警報機近くに大型家電製品などがあったら距離を離してください。 テレビ、冷蔵庫、電子レンジなど。



以下 導入しやすい機器買い取り式ホームセキュリティシステム商品
初期費用のみ。月々の経費のかからない集中監視型セキュリティシステムです。




BBeeホームセキュリティ
火災監視や非常ボタンも利用いただけるBBeeホームセキュリティCタイプ
月々の契約料も無し。一戸建て住宅はもちろんマンションやアパート、 小規模事務所にもお使いいただける防犯システムです。
火災センサーや非常ボタンなど多彩なオプション機器をご利用いただけます。 低コストで誰でも簡単に設置できる本格派ホームセキュリティシステムです。


ワンルームマンションの導入例。
ドアや窓の開閉センサーを使って、留守中だけでなく 在宅中も警戒モードにすることができます。
押すと同時に警報ブザーが作動する緊急ボタンを追加できます。
ワンルームマンションのホームセキュリティ導入例

BBeeホームセキュリティDタイプ
壁付け型のBBeeホームセキュリティ、BBee-Dタイプ
月々の契約料も無し。一戸建て住宅はもちろん、マンションやアパート、 小規模事務所にもお使いいただける本格派防犯システムです。
火災センサーや非常ボタンなど多彩なオプション機器をご利用いただけます。 低コストで誰でも簡単に設置できる本格派ホームセキュリティシステムです。 警報機本体は大音量の110dbブザーと停電対策用のバッテリを内蔵しています。 無線式玄関表示灯を設置することで、 玄関の外から警戒、解除の状態を目で確認、操作忘れがしにくくなりました。




一戸建て住宅のの導入例。
一戸建て住宅のの導入例


ホームセキュリティシステムとはどんなもの?

ホームセキュリティシステムの動作

セコムホームセキュリティの導入費用

買い取り式ホームセキュリティの運用例

防犯センサー

緊急ボタン

買い取り式の自主機械警備のホームセキュリティと警備会社のホームセキュリティとの比較

BBeeホームセキュリティAタイプ

BBeeホームセキュリティCタイプ

BBeeホームセキュリティDタイプ








(C)Copyright ホームセキュリティ比較.com All rights reserved
無断転載を禁止します。